マネーセミナー

2017/03/22

早く利用しないと損! 今年はふるさと納税でお得な思いをしよう

ふるさと納税を、利用しているでしょうか。「存在は知っているけれど、利用は検討してこなかった」という方もいるのではないでしょうか。ふるさと納税を利用することで、お得な思いをすることができるのです。

ふるさと納税とは?

 
ふるさと納税は、日本全国から好きな自治体を選び、その自治体を応援できる制度です。現在住んでいる場所でなくとも、かつて住んでいた地域や好きな特産品がある地域など、全国の好きな地域を選んで寄附を行うことができます。
 

ふるさと納税の利用で、こんなにもよいことが


 
「自分が納めた税金は何に使われているのだろう」と考えたことはないでしょうか。これまで、納めた税金の使い道は政府や各自治体が決めるものであって、自分で指定することはできませんでした。ふるさと納税では、その税金の使い道を自分で指定することができます。そのため、これまで以上に納得感のある納税をすることができるのです。
 
2,000円分を負担する必要がありますが、ふるさと納税で支払った分の税金は、本来支払う分の税金から控除されます。そのため、ふるさと納税を利用したことで税金を多く支払うということはありません。
ふるさと納税で寄附した自治体からは、返礼品として特産品などを受け取ることができます。返礼品を贈ることを実施していない自治体もありますが、多くの自治体が返礼品として特産品などを用意しています。寄附する自治体によっては、わずか2,000円の自己負担で、通常2,000円では手に入らないような品物を受け取ることができる場合もあります。
このように、ふるさと納税には魅力的なメリットがあるのです。
 

お得に利用するために知っておくべき「還元率」 



ふるさと納税をお得に利用するために知っておきたいのが、「還元率」です。還元率とは、ふるさと納税の返礼としてもらえる品の原価を、寄附金額で割って算出したものです。例えば、1万円の寄附を行った際に、原価として7千円分の返礼品がもらえたという場合には、70%の還元率になります。この還元率は、高ければ高いほどお得であるといえます。
 
平均的には、各自治体の還元率は30~40%程度といわれています。30~40%の還元率の返礼品であれば、十分にお得であるといえるでしょう。なかには80%、100%超えなど、還元率が非常に高い返礼品を贈る自治体もあります。そのような自治体は稀であるうえすぐに「完売」してしまいますが、日頃から還元率に注意してふるさと納税についてチェックしておくことで、そういった貴重な機会に出会う可能性も高くなります。
 
ふるさと納税を利用する際には、応援したい自治体を選ぶことはもちろんですが、お得な思いをするために還元率に注目して応援する自治体を選ぶことも大切です。

まとめ


 
ふるさと納税を利用することで、多くのメリットを得ることができます。これまで「ふるさと納税の存在は知っていたけれど、利用の検討はしていなかった」という方は、ぜひ今年はふるさと納税にチャレンジしてみてください。
早めに利用を検討し、還元率の高い返礼品を手に入れる機会を逃さないことが大切です。
 
 

この記事が気に入ったらシェアしよう!

早く利用しないと損! 今年はふるさと納税でお得な思いをしよう

急な出費に困ったときに!安心の一枚!カードローンはクレディセゾンMONEY CARD