ビジネス

2019/02/24

今がチャンス!東京オリンピック景気の波に乗って行動を!

いよいよ来年に迫った東京オリンピック開催。すでに、多くの方が東京オリンピックでの景気上昇を見込んでビジネスにチャレンジしたり、不動産の購入に踏み切ったりしている状況です。

あなたは、この景気の波に乗っているでしょうか?今からでも遅くはありません。これからという方のために、今できることをお話ししていきます。

 東京オリンピックを見据えて準備しよう

 東京オリンピックを目前にして、徐々に日本中で動きがみられています。各国から観光客も集まり、日本中に活気があふれることは間違いありません。
人が多く集まるということは、その分消費が進み日本経済が豊かになるということです。新しい宿泊地の建設やインフラ整備・不動産への購入など、起業家やビジネスマンだけでなく、普通に生活をしている私たちにも感じ取れるほどの活気になるでしょう。
 

東京オリンピックで予測される景気

今回の東京オリンピックがもたらすと予測される経済効果について説明します。2015年12月に日本銀行の発表によると、GDP(実質国内総生産)を毎年0.2~0.3%程度押し上げると予測しました。(参考:2020年東京オリンピックの経済効果)
 
また、オリンピック効果で一旦引き上げられたGDPの水準は低下しないだろうとの見方を示しています。この経済効果を受ける業界は、観光業・飲食店・宿泊業・交通機関・不動産・株・ITなどその種類は様々です。
ビジネスチャンスがある今こそ、動き出すタイミングかもしれません。
 

東京オリンピックまでの間に行動するなら


それでは、東京オリンピックまでに挑戦していくべき”トレンド”を詳しくご紹介します。

民泊で観光客を呼び込もう

昨今、深刻なホテル不足に悩まされている各地ですが、その中でも民泊は安く簡単に始めることができます。特にこれから東京オリンピックに近づくにつれ、たくさんの観光客が訪れるため、宿泊地が足りないと予測されます。そこで、近年人気の集まっている民泊業界がオススメです。
現時点でも、宿泊施設が不足している各主要都市では多くの人が民泊を利用しています。オリンピック開催期間中だけでなく、その後も継続して利用してもらえるというメリットがあります。
 

飲食店を経営して日本食を世界に!

多くの人が日本観光に訪れている間、食事は欠かすことができません。
確実に利用者は増えますよね。
日本の料理を世界中の方に知ってもらえるチャンスです。飲食業に興味がある方は、これを機会に東京周辺に出店し、自分のお店を知ってもらいましょう。
 

人手不足の建設業界へ!

競技場やインフラ整備など、急ピッチで建設が行われています。そのため、現場では人手が全く足りていません。また、オリンピック終了後もリニア新幹線関連など建築業界の需要は高まっていくと予想されています。
 

住宅を購入する!



ビジネスはまだ考えていないけれど、「今後家を買おう」と思っていたという方も今がチャンスです。東京オリンピックに向けて不動産の需要が高まっていますが、2020年以降も不動産価格は上昇するとされています。
また、10月に消費税の10%引き上げが予定されており、現在のマイナス金利が終了する可能性もあります。そうなると、現在より多くの消費税と住宅ローンの高い金利が付いてきてしまい、今より高い住宅購入費用がかかってしまうかもしれません。
住宅購入をご検討中の方は、ぜひ、フラット35をご活用ください。
 
 

まとめ

今がチャンスだということはご理解いただけたと思います。この波にのりたい!と思っても、その資金がなければチャンスを掴むこともできません。そんなときには、このMONEY CARDをぜひ、お役立てください。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

今がチャンス!東京オリンピック景気の波に乗って行動を!

急な出費に困ったときに!安心の一枚!カードローンはクレディセゾンMONEY CARD