ヘルスケア

2019/04/15

「もうイヤだ!」辛い花粉症におすすめの花粉症対策を紹介日々の生活を暖かくする方法

花粉症-クレセンス

およそ4人に1人が花粉症に悩んでおり、その人数の多さから国民病とも言われている花粉症。現在の医学では根治が難しい症状で、多くの人を苦しめている病です。多くの人を苦しませる花粉症のメカニズムや、辛い花粉症におすすめの対策方法をご紹介していきましょう!

花粉症のメカニズムって?

花粉症のメカニズムは、名前の通り花粉によって引き起こされるアレルギー反応のこと。身体には、ウイルスや細菌が体内に入ってきた際に、身体から除外するための免疫が備わっています。花粉は本来、人体にとって無害ですが、身体を守るために免疫システムがアレルギー反応を起こします。アレルギー反応の結果として、IgEという抗体が作られてしまうのです。
 
IgEという抗体は、肥満細胞と結合する性質があり、花粉が体内に入るたびにIgEと結合した肥満細胞が増加していきます。抗体量が一定量を超えると、花粉に反応した肥満細胞からアレルギー誘発物質が放出されます。その結果、身体から花粉を取り除こうとして、くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、涙というアレルギー症状が現れるのです。
 

今年も来る!花粉症が流行る時期と種類


花粉症の時期や、主な種類も見ていきましょう。
 

【スギ花粉】2月から要注意!

スギ花粉の場合には、2月から4月に多く飛散します。強度があり加工しやすいという特徴を持っているので、古くから優れた材木として活用されているのはよく知られていますね。しかし、スギの人工林が広がっていることから、花粉症の元凶ともなっています。地域によっては、9月頃から1月頃に飛散しています。
 

【ヒノキ花粉】3月から要注意!

スギ花粉と同じ時期に飛散しますが、少し遅目に飛散し始めます。3月から5月に本格的に飛散するので、注意が必要です。スギ花粉に反応する方の7割がヒノキ花粉にも反応するという事実もあります!それが原因でスギとヒノキが重なる3月、4月は症状もかなり辛くかることでしょう。スギ花粉の飛散が終わったと思っても、ヒノキ花粉が飛んでいることもあるので、注意が必要なのです。
 

【簡単に出来る!】おすすめの花粉症対策

手軽にできる、花粉症対策をご紹介しましょう。
 

花粉粒子99%カットマスクで花粉対策!


花粉対策されているマスクを装着するのがおすすめです。スギの花粉は、30ミクロンと細かな粒子なので、普通のマスクでは不安が残ります。花粉を分解して水に変える機能があるマスクも販売されています。コンビニや薬局でも買えるので、花粉粒子99%カットマスクを購入して、手軽に花粉症対策をしましょう。
 

ハーブティーで体質対策!

花粉症は、ヒスタミンというアレルギー誘発物質が分泌されることが原因となっています。それで抗ヒスタミン作用があるハーブティーで、体質改善を図るのもおすすめ。鼻やのどのアレルギー症状を、ハーブの香りで緩和します。おすすめのハーブは、ネトルやエルダーフラワーです。ブレンドをすることで、より症状を和らげる期待ができますよ。
 

【時間をかけて根本的に対策!】おすすめの花粉症対策

根本的な対策として、室内環境を整えることと、治療をするという2つの方法を見てみましょう。
 

室内環境を整えて花粉の侵入を防ぐ!

最初に考えたいのは、花粉を室内に持ち込まないということです。そのために、家に入る前にコートを脱いで花粉を払ったり、洗濯物を部屋干しにしたりするなどして、花粉を室内に入れないようにしましょう。また効果的とされるのは、エアコン機器に花粉フィルターを取り付けたり、加湿器や空気清浄機を設置したりして、室内の空気を整えるのも良い方法ですね。
 

根本的に治療して改善する!

花粉症を根本的に対策する最も効果的な方法は、「舌下免疫療法」というものです。すべての人が改善できるというアプローチ方法ではありませんが、8割の方に効果があるといわれています。なので、根本的に治したい方におすすめです。
舌下免疫療法には、液剤タイプと錠剤タイプの2種類があります。エキスを舌の下に滴下することで、花粉症の体質を改善する治療法です。舌下免疫療法スギ花粉症の治療に行われる方法で、治療期間は最低で2年間です。効果が表れるのは、数か月後から数年後となっており、3年以上継続するのが良いとされています。
 

まとめ

花粉症は、身体のアレルギー反応によって引き起こされるものです。現在では、多くの人に効果があるとされている舌下免疫療法があります。辛い花粉症に効果的な対策をしようと思っても、意外な出費につながることもあるでしょう。
花粉症対策のために急な出費が大変と感じているなら、クレディセゾンのカードローンを検討してみてはいかがでしょうか?銀行やコンビニなどの提携ATMで使用することができ、花粉症対策のための出費が増えても、スピーディな審査で便利に使えます。
 

この記事が気に入ったらシェアしよう!

「もうイヤだ!」辛い花粉症におすすめの花粉症対策を紹介日々の生活を暖かくする方法

急な出費に困ったときに!安心の一枚!カードローンはクレディセゾンMONEY CARD