ライフイベント

2018/10/29

ファミリー・カップルの引っ越しにかかる総額ってどのくらい?節約できる項目は?

ファミリー・カップルの引っ越しにかかる総額ってどのくらい?節約できる項目は?

引っ越しの際、実際に物件を見たり契約をしたりする前にしておきたいのが、引越し費用の試算です。
特に初めての同棲・ファミリー入居の場合は、必ず何にどのくらいの費用がかかるのかを概算で出しておくことをおすすめします。というのも、ファミリーやカップルでの引っ越しにかかる費用は、一人暮らしのそれとは桁が違うこともあるからです。
そこで今回は、ファミリー・カップルでの引っ越しにかかる費用項目や費用目安・節約できるポイントなどをご紹介します。

※この記事は、賃貸物件への引っ越しを対象とした内容です。

 ■引っ越しにかかる費用項目と費用相場






まずは引っ越しに、どんな作業・どんな事柄にどのくらいの費用がかかるのかを見ていきましょう。

 

●賃貸物件の契約時にかかる費用

・敷金

退去時の現状復帰(修繕やクリーニング等)にかかる費用や、家賃を滞納したときの補填として、契約時に支払うのが敷金です。敷金の設定は物件によってまちまちですが、ファミリー物件(間取り1DK~DK以上などで専有面積も大きい物件)の場合は家賃の1カ月~3カ月分が一般的です。一人暮らし物件では敷金0というところも多くありますが、ファミリー物件ではあまり見かけません。なお、敷金は、退去時に原状復帰費用などを差し引いた分が返還されます。

 

・礼金

礼金は、貸主に謝礼として支払うお金です。単身者向け物件では礼金0のところもたくさんありますが、ファミリー向け物件ではほとんどの物件で礼金が発生する傾向があります。金額の設定は物件によって異なりますが、家賃の1カ月~3カ月分の物件が多いといえます。なお、礼金は敷金とちがって退去時にも返ってきません。

 

・仲介手数料

物件を斡旋・仲介する不動産会社に支払う費用です。手数料の設定は不動産会社によって異なりますが、家賃の0.5カ月~1カ月分が相場です。

 

・前家賃

契約時に、前家賃として向こう1カ月~3カ月分程度の家賃が必要です。

 

・火災保険料

借り主の過失による火事や水漏れなどの事故への補償として、火災保険料への加入が求められます。費用は保険会社によって異なりますが、10,000円から20,000円程度が相場です。

 

・カギの交換費用

多くの物件で、カギの交換費用として10,000円~20,000円の費用がかかります。

 

・保証会社への支払い費用

賃貸物件を契約する際は、基本的に保証人(親族など)が必要。さらに最近では、保証人以外に、借り主が家賃を滞納したときに借り主に代わって支払いをする保証会社をつけることが多くなっています。この費用は、家賃の0.5か月~1カ月分が一般的です。

 

●引っ越しにかかる費用

・引っ越し料金

引っ越し業者を利用する場合、その費用がかかります。業者によって費用設定はまちまち。また、荷物の量や移動距離・引っ越す時期によって料金は大きく変わります

 

・不用品の処分費用

一般的な可燃ごみや不燃ごみを捨てるにはお金はかかりませんが、サイズの大きいものや家電などを粗大ごみとして処分する場合には、お金がかかります。特に、冷蔵庫や洗濯機・クーラーなどといったリサイクル家電を捨てる場合は、費用が高額になることも。また、捨てるものの点数が多いと、処分費用が積もり積もって思わぬ出費に。

 

・新たな家電・家具購入にかかる費用

引っ越しに際して、家電や家具・収納用品・インテリアなどを新調するのであれば、その費用も必要です。例えば、ファミリー物件の場合は部屋にエアコンがついていないことが多いので、新たに購入が必要となることもあります。

 

●退去時にかかる費用

以前に住んでいた賃貸物件の退去費用がかかるケースも。

 

・部屋の修繕・クリーニング費用

基本的に部屋の修繕やクリーニングにかかる費用は、入居時に支払った敷金からまかなわれます。しかし、敷金以上の修繕費用が必要となる場合は、退去時にその分を支払う必要が……。

特に注意が必要なのはクロスの汚れや傷。タバコのヤニや洋服の色移り・故意につけたと思われる傷などがあると、その分のクロス張替え費用が請求されます。汚れが広範囲だと高額になる恐れも。

 

なお、クロスは減価償却されていくものですので、長く住んだ物件の場合は汚れや傷があっても請求されないケースもあります。

 

・解約までの家賃

引っ越し日よりも退去日が後の場合、もうそこに住んでいなくても退去日までの家賃を支払う必要があります。物件によっては、日割りでの支払いが不可でその月分の家賃をまるまる支払わなければならないことも。例えば、123日に引っ越す場合でも、12月分として1カ月分の家賃が必要。この場合、新たな家の家賃とダブルで支払うことになりますので注意を。

■意外とお金がかかる引っ越し……節約できるポイントは?



試算をしてみると、「思ったよりもお金がかかる……」と感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで、上記の費用のうち、節約が可能なポイントをご紹介します。

 

・引越し業者を使わない

引越し料金を節約するために、トラックやバンなど荷物がたくさん乗る車を借りて、自分で引っ越しをするのも手。労力はかかりますが、場合によっては数万円の節約が可能です。また、業者に頼む場合、すべての荷物をしっかり梱包しなければなりませんが、自分たちで行うのであればそこまできっちり準備しなくてもいいというメリットもあります。

 

・退去費用がかからないようにする

退去費用は敷金内で収めるのが理想です。修繕費やクリーニング費用をなるべく抑えられるよう、退去前はしっかり掃除をしましょう。

特にクロスの汚れや傷には注意を。画鋲などの痕は、市販の修繕剤を使って直すのがおすすめ。また、落とせる汚れは洗剤や漂白剤などを使ってきれいにしましょう。ただし、かえってクロスを傷めることがないよう、壁の材質にあわせた洗剤を選び、慎重に行うことが大事です。

 

このほか、退去前にすぐにできることではありませんが、クロス張替えをしなくて済むように部屋でタバコを吸わないなどの日常的な工夫も必要です。

 

・不用品は賢く処分

不用品処分費用を安く抑えるには、「本当に捨てなければならないもの」だけを捨てるのがおすすめ。まだ使えるものや動くものは、リサイクルショップで買い取り・回収をお願いしたり、知人に譲ったりしましょう。

 

不用品処分については、こちらの記事に詳しく解説していますのであわせてご覧ください。

https://loan.saisoncard.co.jp/cresence/lifeevent/copy_of_copy_of_20180928.html

 

・インテリアや雑貨などの購入は計画的に

引っ越しをすると、食器やファブリック類・インテリア・収納用品などをいろいろなものを新調したくなるものですね。

一点一点はそう高額ではないものでも、あれもこれもと購入していくと、予想以上の大きな出費になることがあります。購入は計画的に、引っ越しテンションに惑わされずに本当に必要なものだけに

また、インテリアや雑貨を買い足す場合は、置き場所のサイズをきちんと測ってからにしましょう。

 

————————————————————————————————————————

大きな出費が予想される引っ越し。計画的に支払いを進めるには、カードローンの利用もおすすめです。

 

クレディセゾンのカードローン MONEY CARDはこちら 


この記事が気に入ったらシェアしよう!

ファミリー・カップルの引っ越しにかかる総額ってどのくらい?節約できる項目は?

急な出費に困ったときに!安心の一枚!カードローンはクレディセゾンMONEY CARD