ライフイベント

2019/02/09

10連休あなたはどう過ごす?迷っている方におすすめの過ごし方!

10連休あなたはどう過ごす?迷っている方におすすめの過ごし方!

2019年のみ、5月1日と10月22日が祝日となることが国会で可決されました。これにより4月末から5月にかけて10連休を取得できそうな方も多いのではないでしょうか。
一方で浮かぶのが、この長い10連休をどう過ごすかという贅沢な悩み。そこで、おすすめの10連休の過ごし方をまとめました。
やることが見つからない方も、イマイチ絞りきれないという方も、ぜひ参考にしてみてください。

 とにかくインドア派!の10連休の過ごし方


せっかくの休日まで満員電車や渋滞を味わいたくない!と考えますよね。じっくりくつろぎたいインドア派におすすめの、充実した10連休の過ごし方をご紹介します。
普段の疲れや仕事の焦りから解放されること間違いなしですよ!
 
■趣味に没頭する!
大人になると10連休なんて何度も味わえません。思いきって誰にも会うことなく、好きなものに囲まれてまったり過ごしてはいかがでしょうか。
 
「タイトルは知っているけど、きちんと読んだことがないな」という長編漫画を全巻読破してみるのも良いですね。完結作品なら『こち亀』、連載中の作品なら『ワンピース』など、世代を問わず人気の作品なら同僚との話題にも困りません。
 
せっかくの10連休、好きなキャラクターやフレーズが作品中に何回出たか数えてみるなど、ちょっと凝った研究をしてみるのもおすすめです!
 
『プリズンブレイク』や『24』など海外の人気ドラマシリーズを一気見してみるのもおすすめですよ!
 
■10日間で資格を取る!
 
短期間で取得できる資格に挑戦してみると有意義な休みになるでしょう。
 
・救急法基礎講習
・防火管理者
・防災管理者
・Microsoft Office Specialist
・スキューバーダイビングの各資格 
 
講習を受けるだけで取得できる救急法基礎講習、防火管理者や防災管理者あたりが狙い目です。防火管理者は、ここ数年災害の多いことを考えると、救急法基礎講習と合わせて知識を取得しておきたい資格ではないでしょうか。他にも、仕事でパソコンを日常的に使用している方なら、Microsoft Office Specialist国家資格に挑戦してこの10連休で同僚より一歩差をつけましょう。
 
インドアときどきアウトドア派の方は、これを機会にスキューバダイビングの各資格に挑戦して、ダイビングできる範囲を広げるのもおすすめです。
 
とにかくアウトドア派の10連休の過ごし方
 
 
アウトドア派の方は、普段よりも遠出してみましょう。予備日を考慮して、7泊8日程度で行けるスポットが最適ですよ。
 
■全国の観光地巡り・温泉巡りをする!
 
北海道・群馬・栃木・長野・静岡・和歌山・兵庫・愛媛・大分など、全国各地に温泉地が点在する日本。10日間もの長期休暇をリフレッシュに使うなら、国内の観光地巡りと温泉巡りをセットで楽しむ贅沢もあり。
 
7~8泊で考えると、宿代だけでも10~30万円は必要です。テレビCMで知られているような宿ともなれば、50~100万円台になるケースも多く、家族や恋人と行く場合はプラン立ての腕の見せ所となりそうです。
 
■思い切って7泊8日の海外旅行!


今や近隣なら日帰り旅行すらできてしまうほど身近な海外旅行。せっかくの1週間以上にも及ぶ休暇なので、思い切って非現実的な場所へ出かけてはいかがでしょうか。
 
10連休の前後に有給休暇をプラスできる方は、南極のツアーも候補に入れられます。ツアーは11日間のスケジュールで組まれているものが多く、平均費用は100~130万円ほど。出発日や細かなプラン内容で大きく異なります。
 
重装備なしで気軽に楽しめる海外クルーズもおすすめです。日本発のツアーもあり、費用は平均で40~50万円ほど。東アジア諸国を巡るツアーなら、5日程度の日程を30万円前後で楽しめます。
 
■海外短期留学で有意義な時間を!
 
1週間の短気留学コースを利用することで、限られた日数でしっかり学ぶことができます。
 
社会人になると語学留学は難しく、なかなか自己投資の機会に恵まれない方も多いはず。そこで、語学留学専門のエージェントを利用した短期留学がおすすめです!コースによっては大学や専門機関でハイレベルな授業やより専門的な単語を学べます。
 
語学に限らず、専門的なスキルアップを目的とした海外旅行も、10連休ならグッと難易度が下がります。ファッション業界やアート関連で活躍する方は、海外の景色や流行を知ることが大きなイマジネーションにつながるかもしれません。
 
海外への短期留学は20~40万円ほどです。しかし、この他に空港送迎費など、こまかな費用が必要となるコースもあります。
 
10日間を楽しむためのポイント
 
10日間を楽しむためのコツはたったひとつ。『思い切り楽しむこと!』です。仕事のことを考えてしまう方は多いのですが、せっかくの長期休暇の楽しい気分が失われるような心配や不安は捨ててしまいましょう!
 
より現実的なアドバイスとしては、やはりお金の問題ですよね。海外は公共トイレを使用する際にもお金が必要だったり、レストランやホテルでチップを支払ったり、買い物の予定がなくてもお金を使うシーンが多いのです。
 
 
■記憶に残る思い出を!
5月1日が休日となるのは、現時点では2019年のみとされています。次はいつ10連休もの奇跡が起きるか分からないからこそ、せっかくのチャンスを最大限に活かしたいもの。
 
たっぷり10日間を楽しみ尽くしましょう!
 
思い出に残るスポットを訪れるなど、普段はできないことを満足のいくまで楽しんでください。普段はコツコツと貯蓄するタイプな方も、この期間ばかりは思い切って自己投資してみてはいかがでしょうか。
 
「6月のボーナスが今手元にあれば足りるのに」という方や、貯蓄が苦手な方は、カードローンを利用して一時的に資金を増やす手もあります。セゾンの『MONEY CARD』のように自動でリボ払い設定になっているカードなら、多めに使ってしまってもゆっくり定額で返済できます。ボーナスで臨時返済が可能なので、早めに返済したい派の方は自分のペースで完済が可能です。
 
まとめ
滅多にない10連休は好きなこと、挑戦したかったことに時間を使いましょう。休み明けにしなくてはならない仕事は端に置いて、普段できないことで思い切り楽しむことが大切です。
 

この記事が気に入ったらシェアしよう!

10連休あなたはどう過ごす?迷っている方におすすめの過ごし方!

急な出費に困ったときに!安心の一枚!カードローンはクレディセゾンMONEY CARD