ライフイベント

2018/09/28

引越しの季節!いらない家具や家電の処分はどうする?お得な方法は?

引越しの季節!いらない家具や家電の処分はどうする?お得な方法は? -クレセンス

引っ越しをすると、心機一転、家具やインテリア、家電も新調したくなるものですよね。
でも、意外と無視できないのが、今まで使っていた家具やインテリア、家電を捨てる費用です。

そこで今回は、不用品のお得で賢い捨て方についてご紹介します。引っ越しを控えている方や、家具の新調を検討されている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

■今まで使っていた家具や家電を捨てたい……どんな方法がある?費用はかかる?安く済ませるには?



今まで使っていた家具や家電を捨てる方法はいろいろあります。最も一般的なのは、市町村の粗大ごみ回収を利用する方法。このほか、不用品回収業者やリサイクル業者に引き取ってもらうことも可能です。

では、どの方法が一番お金をかけず、手間をかけずに利用できるのでしょうか?

 

●市町村の粗大ごみ回収は、1点につき数百円かかるが手軽に利用できる









市町村の粗大ごみ品回収は、多少お金はかかるものの、手軽に済ませたい方にはおすすめです。

 

まずは市町村の窓口に連絡して「●月●日に、〇〇を回収してほしい」と申し込みをしたうえで、品目1点ごとに粗大ごみ処理手数料券を購入します。回収当日は、この手数料券を品物に貼って、最寄りのごみ捨て場に置いておけばOK。普通のゴミを出すのと同じ要領で処分できます。

 

回収の手数料は、市町村によって異なりますが、一点につき200円から1,000円ほど。サイズによって金額が異なります。手数料券は、コンビニやスーパー・郵便局などで購入できます。

 

●エアコン・冷蔵庫・テレビ・洗濯機を粗大ごみとして捨てるには、けっこうなお金がかかる……



家電のなかでも「家電リサイクル法対象品目」にあたる、エアコンや冷蔵庫・液晶テレビ・洗濯機などを捨てようとすると、実はけっこうな費用がかかります。

 

例えば、洗濯機なら2,500円ほど。ファミリータイプの冷蔵庫なら5,000円ほど。一点につき1,000円から5,000円程度のリサイクル料がかかるのです。

 

また、これらは自分で処理場まで持っていかなければならないため、運搬ができない場合は業者に頼む必要があります。そうなると、搬出料や運搬料としてさらに3,000円から20,000円前後の費用がかかってしまいます。

 

●エアコン・冷蔵庫・テレビ・洗濯機を捨てるなら、不用品回収業者がお得!


リサイクル法対象品目にあたる大型家電を捨てるなら、不用品回収業者を利用したほうが安く済むこともあります。

 

例えば、洗濯機を粗大ごみとして捨てるには、リサイクル費用(2,500円ほど)+搬出料・運搬料として3,000円から20,000円程度かかることが想定されます。

しかし、不用品回収業者なら、全て込みで3,000円から5,000円程度の費用で回収してくれることもめずらしくありません。


■年式が新しい・まだ使える家具・家電あれば、リサイクル業者に売れるかも

「もういらないけど、まだ使える」そんな家具や家電は、リサイクル業者が買い取ってくれることもあります。ただし、最近は、大手の家具量販店やインテリア店から、低価格で質の高い家具がたくさん販売されていますよね。その影響もあって、リサイクル業者で中古の商品を買う人というのは減っているそう。
そのため、最近のリサイクル業者は、まだ使える製品でも年式が新しくて(製造から3~5年以内)状態のいいもの以外は買い取らないことが多いようです。
 
「処分しようかな」と思っているものが、まだ使える製品でも年式が新しくて(製造から3~5年以内)状態のいいもの以外は買い取らないことが多いようです。

「処分しようかな」と思っているものが、まだ使えて製造から間もない製品であれば、一度リサイクル業者に査定を依頼してもいいかもしれませんね。
 

■まとめ

何かと物入りな引っ越し時期ですから、いらない家具や家電の捨て方を工夫して、処分にかかる費用を減らしましょう。
 
また、引っ越しの費用が思わぬ高額になってしまって困ったときは、マネーカードで実現させるのもひとつの選択肢です。クレディセゾンのカードローン MONEY CARDはこちら
 




この記事が気に入ったらシェアしよう!

引越しの季節!いらない家具や家電の処分はどうする?お得な方法は?

急な出費に困ったときに!安心の一枚!カードローンはクレディセゾンMONEY CARD